アデランスの育毛

アデランスの発毛・育毛過程「スカルプケア剤」

発毛・育毛の効果を期待するには
頭皮と毛根の汚れや老廃物を取り除き育毛成分を浸透させ、健康な髪をはぐくむ頭皮環境を整え、それを続けることが必要です。
ヘアリプロシリーズは、実際にアデランスのサロンの育毛・発毛ケアとして使用されているプロ仕様の薬用スカルプケア剤です。
プロ仕様の確かな商品を皆様にもお届けし、毎日ご自宅でのケアに役立てていただきたい…
アデランスからのプロのヘアケアシリーズ登場!!



髪と頭皮が本当に喜ぶ薬用スカルプケア剤を作るために157人の社内モニターの意見を集めて分析し、1年がかりで理想のシャンプー・コンディショナー・育毛剤を生み出しました。

髪が生まれてから育ち、抜けるまでの成長サイクル
髪の毛は成長期・退行期・休止期の3つの周期から成り立っています。
ヘアリプロは正常なヘアサイクルを阻害する血行不良や毛根活力の低下、皮脂などのさまざまな要因にアプローチ。
髪を健やかに成長させるためには、このヘアサイクルを正常に維持することが大切で、ヘアリプロはこの「髪の成長周期(ヘアサイクル)」を正常化。
アデランスの頭皮ケア剤『ヘアリプロ』初回限定セットで26%引き!

ヘアリプロはあなたに最適な育毛・発毛ケアが
一人ひとりの異なる「髪」と「頭皮」のタイプに合ったスカルプケア剤と最適な育毛剤を使い分け!
頭皮タイプは大きくわけて、「普通/乾燥肌タイプ」と「脂性肌タイプ」に分かれ、
頭皮のタイプに合わせてシャンプーとコンディショナーを選択できます。
OILYタイプとDRYタイプ
シャンプー・コンディショナーは頭皮の状態別にわかれています。髪や頭皮のベタつき・皮脂の気になる方はOILYタイプ、髪のパサツキや細かい乾いたフケ・乾燥気味〜普通肌の方はDRYタイプをおすすめします。
「スカルプシャンプー」で頭皮と髪の毛に付いた汚れを洗い流した後に「スカルプコンディショナー」を使用します。「育毛剤」は頭皮を乾かした後に使用するようにしてください。

アデランス育毛のよくあるご質問

アデランスのよくあるご質問より

Q.複数の種類がある商品(シャンプー・育毛剤)は、何を選べば良いのでしょうか?

A.シャンプー・コンディショナーは頭皮の状態別にわかれています。髪や頭皮のベタつき・皮脂の気になる方はOILYタイプ、髪のパサツキや細かい乾いたフケ・乾燥気味?普通肌の方はDRYタイプをおすすめします。
育毛剤(αとβ)は、抜け毛のお悩み状況に合わせてお選びいただけます。今の髪の元気を取り戻したい方にはαを、抜け毛が気になる方にはβをおすすめします。

Q.ヘアケアシリーズ商品は全アイテムを使わないとダメですか?

A.必ずしも全アイテムを使う必要はありませんが、各商品の特徴を活かした組み合わせになっておりますので、シリーズでお使いになることでより効果的な頭皮ケアが期待できます。

Q.ヘアケアシリーズ商品の使用する順番は?

A.最初に頭皮と毛穴に詰まった汚れを浮き上がらせるために「スカルプクレンジング」を使用して洗い流してください。次に「スカルプシャンプー」で頭皮と髪の毛に付いた汚れを洗い流した後に「スカルプコンディショナー」を使用します。「育毛剤」は頭皮を乾かした後に使用するようにしてください。

Q.他社商品と比べて何が違うのですか?

A.「髪と頭皮を清潔に保つ」機能はもちろん、「髪を育てる」ことに長年取り組んできたアデランスが、新たに髪の成長に影響を与える「細胞成長因子」に着目して独自開発したシリーズとなっています。
以下、アイテム別の説明です。
・クレンジングは頭皮の負担を低減しながら皮脂を除去する力に優れています。
・シャンプー・コンディショナーは頭皮の基本機能回復を補助しながら、髪と頭皮を安心して洗浄できます。
・育毛剤は複数の成長因子をターゲットにした成分により髪の成長をサポートします。

  アデランスの頭皮ケア剤『ヘアリプロ』初回限定セットで26%引き!
 実際にアデランスのサロンで使われているプロの頭皮ケア剤シリーズ。
 健やかな頭皮と負けない髪へ育てます。
 日々のシャンプーで「洗う」ことから「育てる」ことまでを網羅できる、
 新開発のスカルプケアのシャンプー&コンディショナー、
 及び育毛剤をオンラインショップでご購入いただけます。

 今なら初回限定で、シャンプー、コンディショナー、育毛剤
 の3点セットが通常価格の【26%引き】! 詳しくはこちら

初回限定セットで26%引き!髪に悩む男性のためにアデランスの頭皮ケア剤

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ